瑞穂区英会話教室 瑞穂区児童英会話文字色 うさぎのきょうしつ 2009年06月
うさぎのきょうしつ
Changmi English Institute の活動その他
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
English Shower Lesson 集中!
photo(5).jpg


SSTイングリッシュシャワーのレッスン

家でもやって、偉い!集中力!
Massive listeningの次は、quiz listening

次はビンゴで確認ゲーム
Scene version,最初は二人一組で協力体制
次は進化して時間内のチップが置けなかったらポイント無し!で、相当集中する。

小さくても目的がはっきりしていて、「出来る」感覚があれば出来る。

みんなどんな大人になるのかなー。

最後はバイオリンとピアノと鈴、ミニトランペット、カスタネット合奏でGood byeソング。

勝手にピアノで音感テスト 

アメリカでクワイヤーの授業取っておいて、こういうときに役に立つなー。

そん時は、あー怠慢かなー、もっと勉強取らなきゃいけないかなーと思っていたけど、必須の国語数学以外は実用的なタイプライターや体育や家庭科やクワイヤーなど取った。

勉強取らなくて別に後悔していないけど、一つだけ、やっぱり先輩が進めていたアメリカンヒストリーだけは取ればよかったなーと思っている。

何せ極度のpatrioticな人たちだから授業でもすごく燃えていたのだろうと、今になって想像できる。
その時は政治とか全く興味なくて価値がわからなかった。きっと歴代大統領の事を事細かにやったりいろんな話があったのだろうなーと興味深く思う。

取ったのは、

Typingの授業(ブラインドタッチや書式設定やビジネスレターの書き方など。これは本当に今でも役に立っている)、

PE(体育アーチェリーやフィールドホッケー、トラックやウェイとリフティングが良かった)、このときのスウェット(学校で古着売ってて、1ドルとかで)、

それが、帰国したら、たまたまアメカジブームで私はアメカジ全然だったけど、服好きの私としては、すごーく価値があるわ、と確信し、アメカジバリバリの先輩にあげて喜ばれ、後にフリマで売れたりした!

すごくごつくてプリントもいい薄れ具合で、袖のリブやディテールがすごく長くて日本にはないやつで、ばっちりアメカジだった!

クワイヤー 
遠征があって自分たちでFund rasingお菓子を売ってお金を集め(アメリカ人の親は、学校だからといって余分な出費をしない。)
だからバス代を自分達で洗車したり、工夫してお金を貯金する。だから皆行ける。

私はキャンディーを近所に売りに行ったが、その時知り合ったおじいさんは、戦争で日本に行った事ある人で、戦闘機で。それで私が日本から来たという事で、悪かった。といって余分にお金くれたりして、今でも覚えている。それから文通相手になった。

Home Economics家庭科
ーこれは、好きな服作ったり、大学と提携してダイエットのカロリー計算を本当の自分の食生活でしたり、みんなでブランケットを作って(ー向こうの人はパッチワーク好き)チャリティーに出して新聞に載った。など、

必須の国語ーSenior English
はShakespearで、ほんと途方にくれた。真面目一徹のCindyが毎日放課後家に呼んでくれて宿題を一緒にやってくれた。アメリカは毎日宿題が沢山!しかも古典英語でわけわからんかった。ほんとに理解するのはほとんど不可能に近い感じで、毎日深夜まで宿題していた覚えがある。とにかくすごく大変だった。

数学
ーこれは学校で一番上の授業を取ったが簡単だった。最初もう一つ下の取っていたけど、あまりに簡単過ぎて途中で変更させてもらった。この、数学あんまりの私でさえ!
確立統計の授業で、M&Msとかほんとに使ってやったり、最後は食べて。Mr. Semkoはすごくいい先生だった。びっくりしたのはテストの日も電卓や公式を書いたメモを持っていってもいいことだった。計算する習慣が無いし、大事なのは、その公式を使って問題が解けるかどうかという事なのです。

Sweets
アメリカはほんとsweetsばかり。学校にキャンディーバーがあって。いつでも色々売っていた。リコリッシュはスニッカーズ、マーズ、etc。
popもペプシやらなんやらの自販機だけはあって、recessの時は必ずといってイイほど誰かがその前にいて、Can I borrow quater?と皆に聞いている。

その当時はquaterで買えた。私は最初の頃、貸してと言っているのだから、貸してあげないと?見たく思って貸したことがあるが、向こうのborrow、特にお金はほぼ帰ってこない。

みんな毎日pop飲む!授業中も!ガムや飴やpop!あー信じれん!だからデブが多いんだわ、ほんと。
私は、銀河鉄道999のデブの国を思い出した。毎日どこかでデブになりすぎて家が破裂するところ。

ほんと昼ごはんもしけてるし。ハンバーガーのレタスで、野菜取ってると安心しているんだわ。信じられん!

世界史
これは珍しく無駄に等しかった。授業の内容が薄かった。日本に帰ったら世界史で受験をと思っていたから取っただけだけど、全然役に立たなかった。教科書もさらっとやるだけで。先生が、うーん、力が入ってなくて珍しく暗記っぽい授業だった。)

あと、ドライビングの授業が放課後あって、それもとっときゃ良かったなーと思う。あと、SAT(センターのようなもの)のテストの日とか。
私は目的意識が無く(留学が目的だった。だから帰国して壁にぶち当たった。)、
サボれてウレシー、と仲の良かった、フィンランドから来たOutiと、遊びにふらふら
(といっても山しかないから別になんもなんだけど。)してた事、とーっても後悔している。

あとからToefl受けるのも、3時間かけて行かないと駄目で。
うちの学校は田舎過ぎて誰か連れてってくれる人が居なければいけないことが判明し、日本で受験する羽目に。

それでカウンセラーに相談しに行ったが、カウンセラー自身が都合がよければ僕が連れてってあげようかと申し出てくれたが、そんな、私一人のために一日犠牲にするなんて、どうしても「悪い」という遠慮の思いが強く、断った。ホストファミリーも駄目だった。一生を左右する事だから、思えば無理言ってでも向こうがいいと行っていたのだから、その言葉に甘えれば良かった。

日本で受けるの高いし、時間もかかるし、大学の推薦に間に合うには、結局東京で受験しなくてはいけなくてすごく大変だった。(でもそん時、東京のいとこの家に泊まらせてもらっていて、彼らはとってもお洒落で私は嬉しくて盛り上がり、思わずアイプチを生まれて初めて、よりによってその日にしていって、テストのとき涙涙ですっごく目が痛くて大変な思いをした!)

テストは死に物狂いでやったから出来たけど、結局アメリカ人は遅いから、結果が遅れて間に合わなかった。ママは、その大学の学長に直接話しに行けと言ったけど、ティーンエイジャーの私としては、そんな逸脱した事する勇気も無く、嫌だわ。まーいーわ。と推薦は諦めた。

今考えると、そん時そうしていたら絶対に受け入れられていたし、そうしたら、いわゆるもっと「普通」の人生だったかなーと思う。今の人生好きだし、「普通」の生活あんまり望んでないから、全く後悔はしていないけれど。


アメリカ時代懐かしいー 
20代の頃一度、カナダから南下してアメリカのナショナルパークを旅行する途中里帰りしたが、10歳の当時skinnyだった妹も中学生になってデブになりつつあり、一つ下のシスターはもう子供二人くらい居て、NJに居るとのこと。父母は健在だった。タウンは若者は皆出て行って居なかった。ただ、今まで無かったマックが出来ていた。

でも、自然一杯でロッキー山脈のど真ん中で本当に素晴らしい所だという、価値がわかった。(いた時は、なんでこんな田舎!みたいな、全くショッピングが無いので相当がっかりしていた。しかもお洒落な人は一人も居なかった。服の話をする人は、唯一スイスから来たStephane一人だった。)


えー、話は音楽に戻って、
高校受験までなんとか頑張ったエレクトーンも、レッスンの日は誘拐されたい(真剣に妄想していた)くらい大嫌いだったけど、人生役に立たない事は無い、かも。何かの拍子で好きになって、自分自身で役に立てるという意思があれば。
スポンサーサイト
【2009/06/29 09:38】 | 授業風景 | トラックバック(0) | コメント(0)
puppet lesson
photo(9).jpg
photo(7).jpg
photo.jpg
photo(6).jpg

小さな海や陸の動物のパペット 

食べ物を小麦粘土で作って

楽器でちょっと演奏

絵付き辞書を作りました。

とても張り切って喜んでくれたので私も嬉
【2009/06/28 17:34】 | 授業風景 | トラックバック(0) | コメント(0)
bunny girl
bunny girl
授業が終わってから残っていた子供たちと遊んだ。自然にこうなっていった

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2009/06/26 19:48】 | 授業風景 | トラックバック(0) | コメント(0)
カテゴリー

プロフィール

changmi

Author:changmi
I am now so much thankful for my mother who gave me a chance to learn English in my childhood.

フリーエリア

Word of the Day

Quote of the Day

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。